医療脱毛と美容脱毛の違い

医療脱毛の特徴はなに?

医療脱毛は強力なレーザーを使用して脱毛を行っていくので、医師が常駐しています。そのため、施術中にトラブルが起きてしまっても医師が対応をしてくれます。脱毛にはやけどや毛嚢炎といったトラブルが付きものですが、医師による診察で薬などを処方してもらえるので安心です。そして、強力なため施術回数が少なくおよそ5回で完了します。2~3か月の期間をあけて行うため、1~2年ほど通うことで永久脱毛が可能になります。医療脱毛は比較的高額なため気軽な気持ちで始めにくいかもしれませんが、永久的な効果が期待できるので、毛深くて悩んでいる方、自分での脱毛処理に困っている方などはこの先一生涯その問題に悩まされることはありません。

美容脱毛の特徴はなに?

美容脱毛は、医師がいなくても脱毛ができる光脱毛を行っています。光脱毛はレーザー脱毛よりも照射レベルが穏やかです。現在の日本では、医師法により医師のいないエステサロンで毛根を破壊する(脱毛効果がある)行為は禁止されているので、サロンでは制毛処理しかできません。制毛処理では毛の成長を遅らせ、毛量を減らします。施術回数は12~15回ほど、期間は2~5年になります。レーザー脱毛よりも強い効果は期待できず、長期間での施術となります。しかし、エステサロンは各地にお店があるので、仕事や学校の合間に通いやすいです。また、キャンペーンや学割などを行っているため、安く脱毛できるとあって学生や若い人に人気となっています。

ワキ毛脱毛の場合、脱毛初心者でも試しやすい部位のため、キャンペーン中ワンコインで行っていることがあり、脱毛の値段は安いです

© Copyright Skin Delicate Zone. All Rights Reserved.